せどりは飽和する???

スポンサー検索

 

「溢れる」の画像検索結果

 

 

最近、よく耳にする言葉があります。

 

「せどりは飽和します!!!」

 

 

 

あなたもそんな事を聞いて心配になったことありませんか?

 

心配だからこの記事をご覧頂いていると思いるのかな?

 

ぶっちゃけシラの考えを言いますポンプ

 

 

『ビジネス上飽和というものは、存在しません』

 

 

 

そもそも飽和って何?

 

飽和・・・この意味を理解していますか?

 

 

goo辞書より『飽和』とは・・・

  • 含みもつことのできる最大限度に達して、それ以上余地のないこと。
  • ある条件のもとで、ある量が増加していき、それ以上増加しなくなる最大限に達した状態。
  •  やっていることに飽きがくること。疲労とは区別される。(今回の件は関係無し)

 

つまり、簡単に言うとこういうことです♪

 

ビジネス上の飽和を簡単に言えば・・・

 

  • 誰一人新規参入出来ない状態
  • 新規参入しても稼げない状態

 

 

このような状態になって、初めて飽和といえます。

 

ただ、あなたはこんな事考えているかもしれません・・・

「それでも、もしも飽和してしまったら・・・」

 

 

 

誰もが思う飽和産業はこれだよね!!

 

私は狭い視野で物事を見るのが嫌いですので、

大局的に見た感じでご説明します。

 

飽和・・・有名な業界は、皆様お馴染みのコンビニ業界ですね。

 

この業界も飽和されている・・・と言われてから

だいぶ月日も経過してますが^^

 

2016年12月時点で、コンビニ全店舗数は54,501店舗です。

主要コンビニは以下になります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ココストア
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • ミニストップ

 

ちなみに、

全店舗の総売上は10 兆 5,722 億円

全店舗の来客数は172 億 785 万人

というデータが出ています。

 

このデータを見るだけでも、

コンビニの新規参入は難しそうに思いますよね。

 

店舗数を47都道府県で単純に割ってみると

1都道府県で1000店舗以上です。

 

ここで大切なポイントは、飽和したと思われるコンビニを諦めて

更に良いビジネスを探す事ではありません。

過去のデータを見て未来を予測する事です。

 

過去の統計は、こちらになります。

コンビニ統計データ

 

右肩上がりの成長産業だという事が分かります。

あれだけコンビニが多いにも関わらず

飽和どころか成長し続けています。

 

ただ、多くの人はこう言います。

「コンビニはあれだけ多いから出店しても飽和して稼げないだろう」

 

普通の視点ではこうなるかもしれませんね。

 

その一方で・・・

今からでも出店して財を築き上げる・・・

このような人も沢山出ている事実もあります。

 

 

物事を正確に判断するためには、

大衆の意見を信用してはいけません。

もちろん、自分で考えてもいけません。

 

既に出ているデータを見て総合的に判断する必要があるのです。

 

ちなみに、

  • コンビニは初期費用が莫大に必要な事。
  • 10年単位で長期的に運営しないといけない事。
  • 人を雇用すれば、多くのお金がかかる事。
  • 専業でないと難しい事

 

私は上記の理由でコンビニ経営は

避けた方が良いと個人的には思います。

 

ちなみに、コンビニでは・・・

3店舗以上のオーナーにならない限りは、

サラリーマンよりも過酷な生活との事です。

 

社畜以下ですね。

 

 

 

飽和に陥ってしまった産業

 

最初にビジネスは飽和しませんと

大見えを切ってしまいましたが・・・

 

一時的に飽和する事はあります。

 

 

最も分かりやすいのが、市場規模が衰退中の産業です。

今まで1000店舗で500億円を売り上げていたとします。

 

市場規模が縮小して100億円に下がってしまえば、

1000店舗の中で競争に負けるお店が出てきます。

 

市場規模が5分の1になったという事は、

1000店舗の5分の1しか残れないかもしれません。

すなわち・・・

800店舗が閉鎖して200店舗で運営する事になります。

 

衰退している間の一時的飽和現象は

誰もが避ける事が出来ません。

 

しかし、この現象は短期的に終わってしまいます。

 

そんな時は今を見るだけでなく

少しだけその先を見ていきましょうね♪

 

500億円だった市場規模が下がり、

100億円で安定したとします。

そうすれば、1店舗、また1店舗と増えてもさほど影響がありません。

 

1店舗辺りの利益が多少減るかもしれませんが、

この状態は飽和とは言えません。

頑張れば普通に稼ぐ事が出来るようになります。

 

つまり、飽和とは、

『衰退中に一時的に起こる短期的な現象』

という事になります。

 

ビジネスの衰退中に新規参入をすれば少し難しいかもしれません。

しかし、成長産業または安定期に参入すれば飽和して

稼げないという事は絶対に有り得ません。

 

 

 

せどりはどうなの?

 

 

ここで、せどりは?

このように思ったあなたはセンスがありますね♪

 

肝心なのは、せどりが飽和するか飽和しないかという事ですよね!

 

もっと言えば、せどりが衰退期という

最悪な状態でない証拠が欲しいと思います。

これについて、説明していきます。

 

せどりの主要販売先は以下になります。

  • Amazon
  • オークション
  • フリマ

 

主要販売先の状況を確認していきましょう!

 

 

 

Amazon

 

 

Amazonの成長具合を見ていきましょう!

以下はAmazonの日本国内売り上げ推移です。

 

Amazon売り上げ推移

出典元:ネットショップ担当者フォーラム

 

爆発的な成長産業だということが分かります。

全く飽和の問題がありません。

 

 

ヤフオク!&メルカリ

 

 

ヤフオク!とメルカリの成長具合を見ていきましょう!

以下はヤフオク!とメルカリのアプリ利用者数の推移です。

 

 

メルカリ・ヤフオク

出典元:App Ape

 

売り上げデータの掲載がありませんでしたので、

代わりに利用者の推移とさせて頂きました。

『利用者が増える=売り上げが増える』と考えられます。

 

ヤフオク!もメルカリも成長産業だという事が分かります。

実際にメルカリは2016年時点で流通総額1000億円と話題にされていました。

最終利益も30億円以上と急成長中の産業だという事が分かります。

 

つまり、飽和の心配が全くありません。

 

さらに、ラクマ・フリマ・・・

販路は拡大路線です♪

 

 

まとめ

 

 

ビジネスにおいて、

飽和という概念は存在しません。

それにも関わらず『飽和』という

言葉を口にしている人はビジネスの本質を知らない人です。

 

一時的な飽和があったとしてもそれは直ぐに解消されます。

そして、通常通り稼げるビジネスへと逆戻りする事になります。

 

 

 

ただ、飽和しなければすべてよしというわけではありません。

ビジネスをする時に最も稼ぎやすいのは、

成長中の産業に取り組む事です。

 

 

成長の波に乗りさえすれば、

誰だって稼ぐ事が出来ます。

 

せどりも今成長の波が押し寄せています。

amazonを中心にしたマーケッとは勢いがとどまりません!

その波に上手く乗って行動すれば、

稼げるようになる確率が非常に高いという事です。

 

現に僕の周りでも月収50万円以上稼ぐ人がゴロゴロいます。

月収100万円以上稼ぐ人も、両手では数え切れないレベルです。

 

みんなせどりの波に乗って上手に稼いでいます。

 

あなたもこの波に乗る事ができればせどりで稼ぐ事が出来ます。

先ずは月収10万円でも良いので、

目標を決めて行動していきましょう!

 

 

メルマガ配信しています♪

 

 

f:id:kstaku:20171113145942p:plain

 

 

登録はコチラ⇒ 

 

リピートせどらーシラのせどり通信

 

 

===============

 

 

「ILNE@」の画像検索結果

 

お友達になりませんか♪

 

ID @lgq3212o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください