せどりで成果を出すには・・・

「成果」の画像検索結果

「せどりをやっていますが、なかなか成果がでません!」

というメールをよくいただくことがあります。

なぜなのか?いつも思いますが・・・

質問して理由を聞いてみるとなぜ成果がでないかわかります。

ほとんどの方が同じ理由です。

それは圧倒的に量が少ないからですね。

その量とは行動量と勉強量です。

始めたばかりなのに1週間に1日だけ数店舗ちょろっと

回ってリサーチしても成果がでるわけがないです。

教材購入して学ぶのもそうですが

1回読んだだけで理解した気になってる人多いんですよね♪

何回も読み込むことによって理解していき、さらには新しい発見が出来るわけですよ。

まだまだ頑張れる余地ややらなければいけないことがあるはずなのですが・・・

成果のでてない方は一生懸命やっているつもりです。

なにを基準にそうおもえてるのか・・・

基準の違い・・・

私はは気づきました!

基準の違いがそうさせているなと。

例えば、

誰でも入れるような低偏差値の高校でテスト前に、

「オレ、昨日1時間勉強したぜー!!すごいだろ!」

とまわりに言いふらすとします・・・

そしたらまわりの同じようなレベルの高校生に、

「すげーな!お前神だな!神!」

なんてあがめたてられるでしょう。

しかし、

これが毎年東大に何人も入っているような難関高校だと

どうでしょう。

「オレ、昨日1時間勉強したぜー!!すごいだろ!!」

なんてドヤ顔で言った日には

「何言ってんの、こいつ・・・・」

と冷たい目で見られて誰にも相手にされなくなります。

その反応の違いはなにか。

それは個々によって基準値が全く違うからです。

誰でも入れるような高校では、勉強しないのが当たりまえ。

難関高校の生徒たちは1日何時間も勉強するのが当たりまえ。

成果をだしている人と出てない人の明確な違いは

この「当たり前の基準」です。

成果が出てない人はこの基準をあげることによって成果がでるようになります。

最初から成果出せる人なんていませんよね。

今は短い時間のせどりで稼げている人も、

最初は1日に何時間もかけて何店舗もまわることによって

要領やこつをつかんでいき今があるわけですよね。

私もせどりやりはじめた頃は朝から晩までずっと店舗まわって

がむしゃらに行動しましたし、教材を何回も読み込んで勉強しました。

電脳だって毎日12時間以上パソコンとにらめっこしながら

リサーチしてました。

それでだんだんと稼げるようになっていきました。

今うまくいってない人はその基準を

あげていきましょう。

基準を上げる1番いい方法としては、切磋琢磨できる仲間を作ることや

成果だしている人と接することです。

「仲間」の画像検索結果

普通の高校から難関高校に転校するとまわりががむしゃらに勉強しているので

勉強するのが当たり前だと思ってきます。

そして、

自分も必然的に勉強するようになるわけです。

環境が自分を変えます。

ぜひレベルの高い環境に飛び込んでみてください。

セミナーや懇親会、

せどりのコミュニティーなどで切磋琢磨できる仲間や

成果を出している方と接する機会はたくさんあります。

今、なかなか成果がでないと思い悩んでいる人は

そういう環境に思い切って

飛びこんでみることをおすすめしますよ。

実際、私もそうでしたから^^

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。