『FBA梱包準備サービス!』Amazonが新サービスを発表、徹底解析してみます

「FBA梱包準備サービス」って?

 

4月24日・・・面白い案内のメールがAmazonから

Amazonフルフィルメントセンターに送付する商品に使用可能なさまざまな梱包サービスとその関連手数料について説明します。

FBA梱包準備サービスとは、FBAを利用して販売する商品の梱包をAmazonが代行するサービスです。

FBAでは、Amazonフルフィルメントセンターに納品され、保管される商品に関する梱包要件を定めています。商品を適切に梱包、準備することにより、受領時の遅延を軽減することができます。また、フルフィルメントセンターに保管してある商品を保護し、購入者の満足度を向上させることができます。

 もしや、まさかの神対応???

このサービスを上手く活用できれば
納品時間を一気に短縮出来るかも!


このサービスを利用るにはAmazonの梱包要件を満たす必要があります

・液体を含む商品の梱包

・ガラス、セラミックなどの壊れやすい商品の梱包

・電池の梱包について

・破損しやすい製品

・アパレル、ファブリック、繊維商品の梱包

 

 

詳細はコチラで梱包要件

通常、FBAへ商品を納品する場合は、出品者側で梱包作業を全て行なっていましたが、その作業を全てAmazon側で代行してくれます。(納品代行、外注みたいな感じですね)

納品プランを作成

商品をダンボールにいれる

FBA倉庫に発送する

商品がFBA倉庫に届いたら、あとはAmazonさんで商品の梱包とラベル張りを行い、FBAに納品されます。

必要条件

 

FBA梱包準備サービスを利用することができる商品は下記の通りです

  

・コンディション:任意(新品、中古、コレクター商品、再生品)

 

・商品タイプ: 任意(メディア、メディア以外)

 

・ASIN:商品のそれぞれにスキャン可能なバーコード(ISBN、UPC、EAN、またはJAN)が付いている必要があります。バーコードは、破れや汚れがあったり、バーコードが何かに覆われていて読めない状態であってはいけません。

 

 

 

 

商品はすべてOKなの?そんな疑問が出てきますよね!

 

 

 「要期限管理商品」や「危険物」は利用できるのか?

 

 

大切な事なので・・・テクサポに確認してみました!

 

なんと・・・

 

「要期限管理商品も危険物も対応可能!」

これはますます期待が膨らむサービスですね♪

 

 

 

 

FBA梱包準備サービス手数料

 

BA梱包準備サービスで発生する手数料は下記の通りになります

 

まとめ

嬉しい知らせなのですが少し頭に入れておかなければいけない事もあります

Amazonでの作業が発生しますので商品到着からFBA在庫反映まで

今までより時間が掛かる事が想定されます。

 

Amazonの倉庫担当者もサービス開始当初は不慣れで作業が遅れる

可能性があると思いますのでそのあたりも考慮して商品の発送を

考えておいた方がいいかと思います。

FBA梱包準備サービスは「2018年5月10日(木)から開始!」

 

このサービスをうまく活用して作業時間を短縮しましょう♪

「ILNE@」の画像検索結果

美味しい情報はLINE@から!

ヘルビ初心者大歓迎♪ 神速で稼ぎたいならおともだちになりませんか?

稼げる情報を知りたい方は登録してね♪

 

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。